衛生管理者の資格取得と資格試験

衛生管理者の資格取得と試験について

衛生管理者の資格は50人以上の従業員が居る事業所では衛生管理者の資格取得している人を1人は置かなければいけないのですが衛生管理者の資格を持っている人が居ないのが現状です。そして衛生管理者の資格取得者の人数は事業者の規模によって違います。

 

衛生管理者の資格取得者の人数は201人以上〜500人以下の事業所は2人、501人以上〜1,000人以下の事業所では3人、1,001人以上〜2,000人以下の事業所では4人、2,001人以上〜3.000人以下の事業所では5人、3,001人以上の事業所では6人と定められています。

 

その衛生管理者の資格の種類は衛生工学衛生管理者の資格と第一種衛生管理者、第二種衛生管理者の3種類がありこの3種類を総じて衛生管理者の資格ですが、主に第一種衛生管理者、第二種衛生管理者の資格取得が注目されています。第一種衛生管理者と第二種衛生管理者の資格の違いですが第一種衛生管理者の資格は全ての業種に対応できますが、第二種衛生管理者の資格は危険有害業務との関連が比較的薄い業種のみが対象となっています。

 

衛生管理者の資格試験の難易度ランキングは2のやや易しい資格ですが衛生管理者の資格試験は受験資格が必要です、資格試験を受験するための資格条件は大卒で1年以上、高卒で3年以上、学歴に関係なく10年以上など、労働衛生に関する一定の実務経験が必要となります。

 

衛生管理者の資格試験は、定員制ではないので合格し易いく資格試験の基準点以上取れば合格できます。衛生管理者の資格試験の合格ラインは各科目毎、最低4割で全体で6割以上の正解率で合格できます。そして気になる合格率ですが第一種衛生管理者の資格試験の合格率は約50%で第二種衛生管理者の資格試験の合格率は約60%です。

 

衛生管理者の資格取得のメリットは総務部門、労務部門のスペシャリストとして昇給、昇格がある会社が多い、そして殆どの企業では資格手当が付きます。また、衛生管理者の資格取得者は少ないので企業も渇望していますから転職や就職に有利な点が挙げられます。衛生管理者の資格取得者は経験豊かな中高年として定年後の再就職も有利になります。

衛生管理者の資格試験に最短で合格する勉強方法

衛生管理者の資格取得方法は今の仕事をしながらユーキャンの通信教育の通信講座で資格試験によく出る分野を重点学習する。
通勤しながら耳で聴ける「重要ポイント総まとめCD」などの教材で資格試験によく出る分野を重点学習することが資格試験に最短で合格する勉強方法です。

 

第一種衛生管理者の資格試験は月1〜3回実施されるので受験し易くユーキャンの通信教育の通信講座は1日40分程度の勉強で6ヵ月後には学習を修了できます。

 

第二種衛生管理者の資格試験も月1〜3回実施されます、ユーキャンの通信教育の通信講座は1日40分程度の勉強で、4ヵ月後には学習を修了できます。

資格取得の第一歩は無料資料請求から・・・

ユーキャンの衛生管理者合格指導講座の特徴は独学では入手し難い法改正などの最新情報が入手できます。また、ユーキャンの衛生管理者合格指導講座はサポート体制も充実していますし、標準学習期間の2倍まで追加料金ナシで指導が受けられます。

ユーキャンの衛生管理者講座