栄養士の資格取得

栄養士の資格を取得する方法

栄養士の資格を取得する方法は厚生労働大臣が指定している『栄養士養成施設』を卒業する必要があります。栄養士養成施設には「管理栄養士養成施設」と「栄養士養成施設」があります。

 

「管理栄養士養成施設」・・・修業年限4年の大学・専門学校
「栄養士養成施設」  ・・・修業年限2年〜4年の大学・短期大学・専門学校

 

※全て昼間の学校であり、通信教育や夜間の学校は指定認可されていません。
※因みに栄養士の資格を取得できる高校はありません。

 

仕事をしながら栄養士の資格を取得したいと思っている方が居るかと思いますが残念ながら通信、通信教育、独学では栄養士の資格を取得できません。

 

従いまして栄養士の資格は専門学校か短大、大学へ通学して卒業しなければ資格取得はできません。

 

また、管理栄養士の資格を取得するための「管理栄養士国家試験」を受験するためにはこの栄養士の資格が無くては取得できませんので管理栄養士の資格取得のためにも「管理栄養士養成施設」か「栄養士養成施設」を卒業する必要があります。

 

「管理栄養士養成施設」か「栄養士養成施設」を卒業後には、栄養士の資格を申請して都道府県から免許証を交付してもらわなければ栄養士として働くことができませんから『栄養士免許』の申請手続きは忘れないように注意しましょう。

 

栄養士の就職と仕事

栄養士の就職は病院、福祉施設・介護老人保健施設、学校給食、産業給食会社、スポーツクラブなどです。病院食では患者の病状を考慮した献立や、福祉施設では施設利用者の健康状態や栄養バランス、嗜好に合わせた献立、スポーツクラブでは健康な身体づくりやダイエットの食事指導など健康の維持管理、健康増進などに寄与する食事に関するお仕事です。

 

また、上級資格の管理栄養士の資格を取得すれば就職の求人募集も多くなります。もちろん給料も違います。管理栄養士の仕事は病院の患者さんに対して医師と連携した食事の指導などや予防医学の指導、保健所などで栄養バランスについての講習なども行えますので就職先の幅が広がります。

 

但し管理栄養士の資格取得には栄養士の取得が不可欠です。

 

※栄養士は介護福祉施設で栄養マネージメントはしますが、NST(栄養サポートチーム)はやらないです。
※一定規模以上の集団給食施設には管理栄養士を置くことが法律で定められているので管理栄養士は就職に有利です。

資格講座・レッスンで栄養士の資格を取得しませんか?

お薦め!専門学校 複数の専門学校を比較して資料請求(無料)できます。


 

 

⇒ 栄養士の講座・レッスン

 

⇒ 全国の栄養士の講座・レッスン.

栄養士の資格関連エントリー

女性の資格 キャリアアップ
女性が資格を取得する際にはキャリアアップも考えた資格を選び、女性の就職や転職に有利な資格を取得することも重要なポイントです。
栄養士の資格
栄養士の資格は通信教育や独学では取得できません。管理栄養士の資格を取得するには栄養士免許を取得していなければ国家試験を受けられません、ここでは専門学校か短大、大学を卒業して栄養士の資格を取得する方法と栄養士の就職と仕事について紹介します。
管理栄養士の資格
管理栄養士の資格は国家試験です、この国家試験を受験するのは栄養士の資格を取得していることが大前提になります。ここでは管理栄養士の就職と仕事、国家試験の受験資格、試験科目、日程カレンダー(出願時期、試験日)、合格率について紹介します。
カラーコーディネーターの資格
カラーコーディネーターの資格取得には資格条件も年齢の制限もありません、カラーコーディネーターの資格の取得方法は色彩に関する専門的な知識を専門学校、美術系の大学、通信講座などで勉強して『認定試験』に合格して取得します、ここでは1級、2級、3級の試験の難易度、出願時期、試験日を紹介します。
インテリアコーディネーターの資格
インテリアコーディネーターの資格の取得は年々人気が高まっています、特に女性に人気の資格です、生活スタイルの変更の多い女性にとって就職、転職に有利な資格です。ここではインテリアコーディネーターの就職、仕事と資格試験の難易度、一次、二次試験の試験内容、受験日程(出願時期、試験日)、合格率、受験料を紹介します。