歯科助手の資格の取得方法

歯科助手の資格取得は就職、転職に有利です。

歯科助手は歯科衛生士と違い資格を取得していなくても働けます、歯科医院において治療行為はできませんが医師や歯科衛生士との円滑な歯科医院と患者さんとを繋ぐ重要な仕事です。

 

歯科助手は治療行為に当たることは一切出来ませんが受付だけでなく患者さんの介添、カルテ管理、器具の準備、清掃、石膏など重要な仕事です。また歯科助手は資格が無くても働くことが出来るわけですが、歯科医院においては専門用語も多く、仕事をスムーズにこなすには資格取得しておいた方が良いと思います。

 

そして歯科助手の仕事は結婚、出産などで生活環境が変っても全国で働ける仕事ですし、不況などにも左右されない求人の多い仕事ですから安定した職場で働ける女性にとって魅力的な仕事です、しかし歯科助手の資格を取得している人と無資格の人では就職に大きく差が出てしまうでしょう。

 

歯科助手の資格は技能認定試験だけで資格が取得できますからこれから就職活動をする人も今、現在歯科医院で働いていて無資格の人も技能認定振興協会が行っている歯科医療事務管理士の技能認定試験を受けて資格を取得しましょう。

 

歯科助手の資格を取得する方法は簡単です、通信講座で歯科助手講座を受講(標準学習期間は5ヵ月位)して修了認定試験を受験して合格すれば家に居ながら)技能認定振興協会の歯科 医療事務管理士?技能認定試験で資格取得ができます。わざわざ試験会場に行かなくてよいので便利です。また、歯科助手の資格試験は年に6回ありますからうれしいです。

通信教育で歯科助手の資格を取得しましょう。

おすすめの歯科助手資格講座

 

ユーキャンの歯科助手講座

 

シカトルの歯科助手資格通信講座

 

歯科助手・歯科関連スキルの通信講座

学校・スクールで歯科助手の資格を取得しましょう。

歯科助手 学校・スクールの一括資料請求ができます。

歯科助手の講座を開講しているスクールはニチイ・ヒューマンアカデミー・日本医療事務協会・キャリアカレッジジャパン
【医療資格総合サイト【ケア資格ナビ】】