調理師の資格試験

資格取得のための資格試験の最短合格勉強法

生涯学習のユーキャン
テレビコマーシャルでもお馴染みユーキャンの通信講座、ラインアップは100講座以上!
資格と仕事.net
資格講座&プロをめざせるスクールの無料資料請求・体験レッスン予約が簡単!
ケイコとマナブ.net
ケイコとマナブは約80,000件の講座・レッスン満載!資料請求・予約が簡単にできます!
資格試験で一発合格を果たす勉強法
資格試験を一発で合格するにはテクニックが必要です、重要なポイントは『記憶術』です
難易度の高い資格試験も一発で合格する秘訣をお教えします。

調理師の資格試験の勉強をして免許を取得する方法

調理師の資格試験は調理師として仕事をするうえで必要不可欠の資格になってきます。この資格は都道府県知事の免許を取得した人に与えられる資格です。

 

調理師の免許が無い人が調理師と称すると罰金30万円以下の刑に処されます。

 

独立して飲食の商売を行う場合は調理師免許の資格は必要になりますし、飲食業種の就職の条件に調理師の資格取得が採用条件の場合も多く、お店によっては資格手当がつく場合もあります。

 

調理師の免許を取得方法は資格試験の勉強をして試験に合格する方法と厚生労働大臣が指定する養成所に入って取得する方法があります。

 

調理師の資格試験の魅力は合格定員がないこと、この資格試験は難易度ランキング2のやや易しい試験であること資格試験は筆記試験だけで実技試験なないこと、試験問題は全部択一式になっているので合格し易いし資格試験であること。試験日が統一でなく複数の都道府県でかけもちで資格試験が受けられること。

 

しかし、調理師の資格試験には2年以上の実務経験の受験資格があります。この資格条件で調理師の資格取得を諦めている方も多いかと思いますがこの実務経験は調理師の見習いでなくても満たす条件があります。

 

それはパートやアルバイトでも、週4日以上かつ1日6時間以上勤務している場合はOKの都道府県がありますから都道府県の衛生局の担当課か保健所に問い合わせてみてください。

 

調理師の免許を取得していれば飲食店を開業する場合に設置義務のある「食品衛生責任者」は申請だけで入手できます。

 

調理師の資格試験の資格条件

調理師の資格試験の資格条件は原則として中学校卒業以上で2年以上の実務経験が必要です。

 

具体的な実務経験の職場と施設

 

・飲食店(旅館、簡易宿泊所を含む)
・病院、学校、寮などの給食施設(継続して1日20食以上又は1日50食以上調理する施設であること)
・惣菜製造業
・店舗で魚介類を販売する魚介類販売業(魚介類を生きたまま販売する営業で魚介類せり売営業は除く)

調理師の資格試験の内容

調理師試験の科目は7つの筆記試験です(全て四肢択一式です)

 

・食文化概論 ・調理理論  ・栄養学・食品学 ・
・衛生法規  ・公衆衛生学 ・食品衛生学

 

試験の範囲は共通ですが、問題自体は都道府県毎にまちまちの問題が出題されます。

調理師の資格試験の日程 (カレンダー)

調理師資格試験の申請

 

各都道府県の県庁か保健所で願書をもらい手続きに必要な書類を整えます
・受験願書(調理師免許申請書) ・調理業務従事証明書 ・最終学校卒業証明書か卒業証書
・診断書(発行から3ヵ月以内) ・写真 ・戸籍抄本または戸籍謄本(発行から6ヵ月以内)
などの必要書類を各各都道府県庁の担当課に申請します。

 

※原則郵送による出願は受け付けていないところが多いです。

 

試験日

 

試験の実施日は、その都道府県の広報誌に2ヵ月前から掲載されます。
5〜6月と10〜11月の年2回行われる場合が多いです。年1回の場合は6〜9月頃です。

 

受験料
6,000〜7,000円程度
各都道府県により違いますので各都道府県にお問合せください。
(東京都の場合:6,800円)

 

調理師資格試験の問合せ先
各都道府県衛生局調理師試験担当係

 

調理師資格の取得方法

調理師は調理師免許を取得して職場に従事しなければなりません、そのためには調理師資格の取得が必要です。

 

調理師資格の取得方法は2つあります。

 

○資格条件を満たして通信教育などの講座を勉強して
 資格試験(国家試験)に合格する方法

 

○厚生労働大臣指定の養成所で1年(昼間)、
 1年半(夜間)以上勉強して免許を取得する方法

 

調理師専門学校、調理学校は数多くありますが、学校選びで重要なことは厚生労働大臣指定の学校で国家試験が免除されるコースを卒業することです。

 

通信講座で調理師の資格を取得しませんか?

お薦め!資格講座 資格取得の第一歩は無料資料請求から・・・

 

⇒ ユーキャンの調理師講座

専門学校で調理師の資格を取得しませんか?

お薦め!専門学校 複数の専門学校を比較して資料請求(無料)できます。


 

⇒ 調理師の講座・レッスン

調理師の資格取得の詳細ページに戻る

調理師の資格試験関連エントリー

資格試験の最短合格勉強法
資格試験の勉強法は独学、通信教育、学校に通学して勉強する方法がありますが、ここでは資格試験を独学で勉強する方法を紹介します。
資格試験の勉強法<学校>
資格試験の勉強法は学校に通学して勉強する方法や自宅で通信教育の講座を受ける、自分独自で独学で勉強する方法がありますが、ここでは学校に通学して学ぶ資格試験の勉強法を紹介します。
資格試験の勉強法<通信>
資格試験の勉強法で学校に通学して勉強するには時間がない方で参考書や問題集を購入して自宅で一人で独学で資格試験の勉強をするには不安のある方には通信で学ぶ資格試験の通信教育講座の勉強法がおすすめです。
資格試験の難易度一覧
資格試験を受ける際に一番気になるのが難易度ではないでしょうか、自分の希望する資格取得の難易度も確認して資格試験に臨むことも試験に合格するための重要なポイントです。ここでは資格試験の難易度ランキングを一覧表で紹介します。
保育士の資格試験
保育士の資格を取得するには保育士の資格試験を受けるための受験資格があります、その受験資格の詳細と筆記試験、実技試験の内容と受験日程(出願時期、試験日)、受験料を紹介します。
医療事務の資格試験
医療事務の資格試験は年々人気が高まっている資格試験です、病院や医療機関の事務の専門知識を習得している証明になる資格ですので就職、転職に有利な資格です。ここでは2級・1級医療事務技能審査試験の受験資格、試験内容、受験日程(出願時期、試験日)、受験料を紹介します。
調理師の資格試験
調理師の資格は都道府県認定の国家資格です、調理師資格の取得方法は2年以上の実務経験を経て資格試験の勉強をして試験に合格する方法と厚生労働大臣が指定する養成所で1年(昼間)、1年半(夜間)以上の過程を学べば習得できる方法があります。
介護福祉士の資格試験
介護福祉士の資格試験は国家試験です、介護福祉士の資格取得に必要な国家試験ですが資格試験の難易度は2でやや易しい資格ですので人気があります。しかし、誰でも無条件で受講できる試験ではなく、介護福祉士の資格試験には資格条件(平成23年度<第24回>国家試験から受験資格が変更になります)があります。
ケアマネージャーの資格試験
ケアマネージャーの資格試験の受験資格と取得方法を詳しく紹介します。介護保険制度のサービスを受けるには原則としてケアマネージャーによるケアプランの作成が必要です、この高齢化社会においてとてもやりがいのある仕事です。ここでは受験資格の詳細と資格試験の内容、日程カレンダー(出願時期、試験日)、受験料を紹介します。