介護福祉士の資格試験

資格取得のための資格試験の最短合格勉強法

生涯学習のユーキャン
テレビコマーシャルでもお馴染みユーキャンの通信講座、ラインアップは100講座以上!
資格と仕事.net
資格講座&プロをめざせるスクールの無料資料請求・体験レッスン予約が簡単!
ケイコとマナブ.net
ケイコとマナブは約80,000件の講座・レッスン満載!資料請求・予約が簡単にできます!
資格試験で一発合格を果たす勉強法
資格試験を一発で合格するにはテクニックが必要です、重要なポイントは『記憶術』です
難易度の高い資格試験も一発で合格する秘訣をお教えします。

介護福祉士の資格試験の受験資格と取得方法

介護福祉士の資格取得の方法は資格条件を満たして国家試験に合格する方法と養成施設を卒業する方法があります。現在は介護福祉士の資格を持っていなくても介護のお仕事をすることはできますが、ホームヘルパー1級の廃止が決定していますのでいずれは介護福祉士が介護職に就くために最低限必要な資格となる可能性が大きいです。

 

介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれていて高齢者の方に頼られるお仕事です。また、高齢者の増加に対して国家資格の取得者が少なく人材不足ですので年々ニーズが高まっていて就職に有利な資格です。

 

福祉の現場で介護福祉士と間違いやすいのが社会福祉士です、社会福祉士は高齢者の方の相談と援助をするお仕事で介護福祉士は実際に介護するお仕事です。

 

また、介護福祉士の職場は主に介護施設などで働く通所介護に対してホームヘルパーは在宅の高齢者や障害者宅を訪問して介護サービス(食事や入浴、排泄、衣服の着脱や移動などの支援) や家事援助サービス(調理、洗濯、掃除、買物などの援助や代行)と家族へのケアをコーディネートするお仕事が中心です。

 

 

介護福祉士の資格取得に必要な受験資格が平成23年度(第24回)から変わります

介護福祉士の資格取得方法

○ 3年以上介護等の業務に従事した人が介護福祉士の資格試験に合格する方法
※3年以上介護等の業務とは特別養護老人ホームや介護老人保健施設の介護職員など、主たる業務が介護等の業務である者、介護保険の指定訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)、療養病床の病棟の看護補助者などで、介護等の業務に従事(在職期間が3年(1,095日)以上、実働日数が540日以上)した方(平成23年1月29日までに3年以上等の受験資格を満たす方を含みます)(病院勤務の介護員も原則としては対象外ですが、例外として認められる場合もあります) 実務経験証明書が必要です。

 

※高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において福祉に関する所定の教科目及び単位数を修めて卒業した人で介護福祉士の資格試験に合格する方法

 

○ 厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業する方法
高等学校又は中等教育学校卒業以上の人が一定の養成施設を卒業する方法
※2年以上の養成施設(短期大学、専門学校、大学)を卒業
※福祉系の大学で指定科目を履修した人が1年間の養成施設を卒業
※社会福祉士養成施設等を卒業した人が1年間の養成施設を卒業
※保育士、保母の養成施設を卒業した人が1年間の養成施設を卒業

 

介護福祉士 資格試験の受験資格

介護福祉士の資格試験の受験資格は3年以上介護等の実務経験か高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において福祉に関する所定の教科目及び単位数を修めて卒業した人

 

※平成23年度(第24回)国家試験から受験資格が変わります

 

第24回試験からの主な変更点
変更1: 福祉系高等学校(専攻科:33単位)卒業後、実務経験9ヶ月以上介護等の業務に従事した方が受験資格になります
変更2: 福祉系高等学校の52単位を修めて卒業した方が受験資格になります

 

第25回試験からの主な変更点
変更1: 実務経験3年以上かつ養成施設6ヶ月以上の課程を修了した方が受験資格になります。
変更2: 福祉系高等学校(高校:34単位)卒業後、実務経験9ヶ月以上介護等の業務に従事した方が受験資格になります
変更3: 養成施設において必要な知識及び技能を修得した方も、国家試験の受験が必要になります

 

変更点の詳細については省令等で明確になり次第財団法人社会福祉振興・試験センターにて発表されます。
http://www.sssc.or.jp/shiken/kaigo/

 

厚生労働省介護福祉士の概要
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/25.html

 

介護福祉士 資格試験の内容

筆記試験  試験科目は13科目です。

 

1) 社会福祉概論 2) 老人福祉論 3) 障害者福祉論 4) リハビリテーション論
5) 社会福祉援助技術(演習を含む) 6) レクリエーション活動援助法
7) 老人・障害者の心理8) 家政学概論 9) 医学一般 10) 精神保健
11) 介護概論 12 )介護技術 13) 形態別介護技術

 

実技試験  介護等に関する専門的技能
実技試験は筆記試験に合格した方のみ受験できます。

 

尚、厚生労働大臣に介護技術講習の実施を届け出た介護福祉士養成施設等が実施する介護技術講習を受講(修了)認定を受けることによって実技試験の免除を申請することができます。

介護福祉士 資格試験の日程 (カレンダー)

出願時期
8月上旬〜9月上旬

 

注意: 出願願書の手引きを7月上旬〜8月上旬の間に郵便ハガキで試験センターへ請求すること

 

財団法人社会福祉振興・試験センター
東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号
郵便番号 150−0002
電話番号 03(3486)7521
試験案内専用電話番号 03(3486)7559(音声及びファクシミリ)
http://www.sssc.or.jp/index_2.html

 

試験日
実施時期
○ 筆記試験 1月下旬  平成23年は1月30日(日曜日)

 

○ 実技試験 3月上旬 平成23年は3月 6日(日曜日)

 

受検料

 

12,800円(受験の手引」料600円が別途必要)

 

通信講座で介護福祉士の資格を取得しませんか?

専門学校で介護福祉士の資格を取得しませんか?

お薦め!専門学校 複数の専門学校を比較して資料請求(無料)できます。


 

⇒ 介護福祉士の講座・レッスン

 

介護福祉士の資格を取るならケア資格ナビで!全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。

 

 介護の資格をとるならシカトル

介護福祉士の資格取得の詳細ページに戻る

介護福祉士の資格試験関連エントリー

資格試験の最短合格勉強法
資格試験の勉強法は独学、通信教育、学校に通学して勉強する方法がありますが、ここでは資格試験を独学で勉強する方法を紹介します。
資格試験の勉強法<学校>
資格試験の勉強法は学校に通学して勉強する方法や自宅で通信教育の講座を受ける、自分独自で独学で勉強する方法がありますが、ここでは学校に通学して学ぶ資格試験の勉強法を紹介します。
資格試験の勉強法<通信>
資格試験の勉強法で学校に通学して勉強するには時間がない方で参考書や問題集を購入して自宅で一人で独学で資格試験の勉強をするには不安のある方には通信で学ぶ資格試験の通信教育講座の勉強法がおすすめです。
資格試験の難易度一覧
資格試験を受ける際に一番気になるのが難易度ではないでしょうか、自分の希望する資格取得の難易度も確認して資格試験に臨むことも試験に合格するための重要なポイントです。ここでは資格試験の難易度ランキングを一覧表で紹介します。
保育士の資格試験
保育士の資格を取得するには保育士の資格試験を受けるための受験資格があります、その受験資格の詳細と筆記試験、実技試験の内容と受験日程(出願時期、試験日)、受験料を紹介します。
医療事務の資格試験
医療事務の資格試験は年々人気が高まっている資格試験です、病院や医療機関の事務の専門知識を習得している証明になる資格ですので就職、転職に有利な資格です。ここでは2級・1級医療事務技能審査試験の受験資格、試験内容、受験日程(出願時期、試験日)、受験料を紹介します。
調理師の資格試験
調理師の資格は都道府県認定の国家資格です、調理師資格の取得方法は2年以上の実務経験を経て資格試験の勉強をして試験に合格する方法と厚生労働大臣が指定する養成所で1年(昼間)、1年半(夜間)以上の過程を学べば習得できる方法があります。
介護福祉士の資格試験
介護福祉士の資格試験は国家試験です、介護福祉士の資格取得に必要な国家試験ですが資格試験の難易度は2でやや易しい資格ですので人気があります。しかし、誰でも無条件で受講できる試験ではなく、介護福祉士の資格試験には資格条件(平成23年度<第24回>国家試験から受験資格が変更になります)があります。
ケアマネージャーの資格試験
ケアマネージャーの資格試験の受験資格と取得方法を詳しく紹介します。介護保険制度のサービスを受けるには原則としてケアマネージャーによるケアプランの作成が必要です、この高齢化社会においてとてもやりがいのある仕事です。ここでは受験資格の詳細と資格試験の内容、日程カレンダー(出願時期、試験日)、受験料を紹介します。