ホームヘルパーの仕事

ホームヘルパーの仕事の内容

ホームヘルパーの仕事は1級、2級、3級の資格取得によって違ってきます、ホームヘルパー3級は主に生活援助とよばれる仕事(日常生活に必要な身の回りのことに対してサービス)ですので実際の仕事で体の介護サービスをする場合にはホームヘルパー2級上の資格取得が必要です。1級の資格取得は原則的に実務経験が1年以上必要です。

 

主婦の方で資格取得を考える場合、就職に有利な2級を取得します、ホームヘルパー2級資格の取得者は、全ての介護業務に従事することができますので求人が多いです。実際の募集でも殆ど2級以上の有資取得者が求められています。

 

ホームヘルパーの仕事の職場は「在宅ヘルパー」「施設ヘルパー」「家族介護」と幅広く働く所があります。ヘルパーの資格を取得したらヘルパーステーション(訪問介護事業所)に登録、所属して介護を利用する方のご自宅に訪問して身体介護、生活援助や通院の介助、生活支援(相談やアドバイス)の仕事を行います。

 

施設ヘルパーとは介護老人福祉施設、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム等で日常生活のサポートを行う仕事です。家族介護とはご家族をサポートするお仕事です。

講座・レッスンでホームヘルパーの資格を取得しませんか?

お薦め!専門学校 複数の専門学校を比較して資料請求(無料)できます。


 

 

ホームヘルパーの講座・レッスン

ホームヘルパーの仕事の内容・求人情報

簡単!求人検索 このサイトで実質的な仕事内容・給与が見れます

 

⇒ 求人検索


ホームヘルパーの仕事関連エントリー

ホームヘルパー2級の資格取得
ヘルパー2級の資格を取得するには資格試験が無く公的機関か民間の資格講座を受講、修了すれば取得できますので女性、主婦の資格取得にはとても魅力的です、又民間の資格講座は働きながら受講できますので結婚後や出産後の転職を考えた場合でも就職に有利な資格です。
ホームヘルパーの仕事
ヘルパーの主な仕事は『身体介護』『生活援助』『相談・助言に関すること』の3つの仕事に分けられます。ここではホームヘルパー1級、2級、3級の仕事について紹介します。