通関士の資格取得

通関士の資格の取得の方法

通関士の資格を取得した後の仕事は輸出入の通関に関わる専門的な仕事ができます、通関士の主な仕事内容は海外から輸入又は海外に輸出する荷物の申告や検査、関税納付や許可などを委託されて輸出入を輸入会社の代行で行います。

 

その他にも通関士の仕事内容は幅広く就職先も商社やメーカーそして流通業など広い分野の求人が多くありますので通関の関わるための活躍の場は増えていて輸入、輸出関連の倉庫での仕事や旅行代理店の貨物部門への就職などや運送会社や航空会社などでの仕事が広がっています。

 

通関士の資格取得者は将来性が高く通関士の資格を持っているだけで就職に有利になります。そして通関士の資格取得のための試験は経験、年齢、性別、学歴などの受験資格がありませんので取得し易い国家資格です。また、この国家試験は合格定員が決まっていません、合格ラインさえクリアできれば通関士の資格を取得できます。

 

しかし、残念なことに通関士の国家資格の国家試験は年1回です、例年は10月上旬に行われます、従って国家試験の受け付けは7月下旬〜8月中旬に管轄する税関に提出しなければなりません。(願書の配布は7月上旬〜8月中旬)ので今から通信教育の通信講座や専門学校・スクールなどの資料を請求して受講計画を立てるなど準備しておきましょう。

 

基本的に通信養育の通信講座の学習期間は約6ヵ月です。

資格取得の第一歩は無料資料請求から・・・

 

ユーキャンの通関士講座

 

資格取得のための総合資料請求サイト「総合資格ナビ」 通関士の資格取得を目指すなら司法・労務の資格ナビ

 

通関士・貿易実務の通信講座